B型肝炎とは?

B型肝炎というのは肝臓の病気の一種です。病原体はB型肝炎ウイルス(HBV)であり、血液や体液を介して感染が成立し、発症します。B型肝炎ウイルスの感染は感染したタイミングや感染時の健康状態により、一時的な感染で終わる一過性感染と、寿命を迎えるまでというような長い期間にわたり感染が続く持続感染があります。肝臓の病気を軽視できないのは、自覚症状に乏しい点や、症状を自覚することには命に関わるような深刻な状態にまで悪くなっていることです。最悪の場合には、病状が悪化して命を落としてしまうことにもなりかねません。

注射ただ、現在の日本では予防方法が用意されています。インフルエンザの予防方法は何かと問われて予防接種を思い浮かべる方は多いでしょうが、B型肝炎ウイルスの感染予防方法としては、ワクチン接種を受ける方法をあげることができます。しかし、このような仕組みが整う前の日本では、自分達は悪くないのにB型肝炎ウイルスに感染してしまっている方を多く生んでしまいました。B型肝炎ウイルスの感染ルートをいろいろありますが、日本で問題になったのは集団予防接種などにおける注射針の連続使用です。

この集団予防接種というのは日本ではかつて強制だったものであり、管理体制がずさんで注射器の使いまわしなどによりB型肝炎ウイルスの感染者を増やすことになってしまったのです。ただ、このような被害を受けた方達も黙ってはいません。続きが気になる方は、別の記事の内容もぜひチェックしてください。